©2019 by Bloomer's Salon

 
  • Kubota Akane

目標設定力が達成率を変える。

こんにちは!

メンタルトレーナーの窪田茜です。


さてさて、タイトルにある通り

目標設定力は、達成率を大きく変えます。


「高い目標を持という」

「手の届かないような目標を立ててそれに向かって進もう」

なんていう風に言われていたりもしますが、

それだけではなかなかうまくいかないこともあります。


勿論それだけで最後までやり切れる方はOKですが、

ありがちなのがこんなパターン。


達成できない目標設定パターン①

100点の(最高の)目標を掲げる。

途中で100点がとれない事がわかる。

気持ちが切れる・心が折れる

そこからやり切る事の意味を見出せなくなる

途中で諦める。

自信をなくす。

目標達成できないクセがつく。


達成できない目標設定パターン②

最終的なゴールだけを決める。

頑張ってみるが、目標が遠すぎてそこに進んでいる実感が沸かない。

現実感がなくやる気が続かない。

途中で諦める。

自信をなくす。

目標達成できないクセがつく。


など・・・・


1度はそんな経験がある方もいるのではないでしょうか?^^


自分はそんなことにはならない!と思うかもしれませんし、

高い目標ひとつだけでも達成できるハイパーメンタルの持ち主かもしれませんが、

確率を上げて、着実に達成する為にも、リスクに備えて

目標を立てる時にはとことんリアリストになっておきましょう!


夢≠目標


夢を夢で終わらせない為に、メンタルトレーニングでは

目標設定力もしっかり高めていきます。


目標は無意味に高すぎても、低すぎてもパフォーマンスは上がりません。

一時的なやる気を引き出すだけでなく、底力を上げて確実に目標を達成していきましょう!



階段を上るように!